肥満外来で痩せられる?我慢なしでダイエット成功!

問診で現在の生活をチェックして改善の提案

人はそれぞれ好きな時間に起き、好きな時間に好きなものを食べます。仕事や勉強など一部制限される時間や行動もありますが、それ以外は自由に過ごせます。この自由に問題が生じている場合があります。間違った方法をしていると、健康を害している場合があるので注意しないといけません。肥満自体は病気ではありませんが、病気の原因になる場合があります。できれば肥満でない状態にした方がいいでしょう。その時に肥満外来の利用があります。医療機関によって異なりますが、まず行われるのは問診です。現在の体の状況や生活の仕方などがチェックされます。その中で問題のある部分の改善を提案されます。無理な改善ではなく、少しずつ正常に戻されるので、我慢などの必要はありません。

食欲を抑えてくれる薬の利用

肥満になる原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回るためです。肥満を解消するには、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすか、両方行うかが必要になります。一般的な人であれば、一定の指導によってそれを守ればどんどん痩せられます。しかし、沢山食べる習慣がついている人や、食べないとストレスがたまるような人だと、食事制限を継続できない場合があります。肥満外来では、一定の薬を併用して治療が行われます。その一つとして、食欲を抑える薬の服用です。薬を用いながら摂取カロリーを抑えれば、カロリーオーバー状態を解消できて痩せられます。ただし薬をずっと服用するわけではありません。痩せてきたらそれに合わせた生活スタイルにする努力も必要になります。

肥満外来の治療実績に注目をするうえで、多くの患者の減量効果や具体的な治療法のメリットを知ることがコツです。