サロン脱毛って、肌が弱い人でもやっていいの?体調は?

敏感肌でも大丈夫です

サロン脱毛は出力が弱めのフラッシュ脱毛なので、脱毛器から光を照射する場合でも、軽くはじくような刺激がある程度です。よく、「ゴムをはじいたような感覚」などと説明されていますね。敏感肌でも安全に施術できるように、事前準備として脱毛箇所にジェルを塗りますし、脱毛処理が終わった後の、一時的に刺激に弱くなっている肌へアフターケアとしてローションを塗ってくれます。このローションやジェルの成分は、肌の美容と健康にいいものが配合されているので、ムダ毛がなくなるだけではなく、スキンケアにもなるのです。アトピー性皮膚炎の持病がある人は、湿疹ができていない部分なら脱毛が可能なので、肌の状態が思わしくない場合は症状が安定してからやってもらいましょう。一般的なフラッシュ脱毛はIPLですが、さらに出力が少ないSHRやSSCなどの脱毛方式も登場しています。

ホルモンバランスが不安定な場合

どの脱毛サロンでも基本的にデリケートゾーン以外も脱毛なら問題なく行ってもらえるので、急に生理になってしまっても、キャンセルしなくても大丈夫です。しかし、生理の前から生理中の期間は、ホルモンバランスが乱れやすいので、普段よりもフラッシュ脱毛の光を刺激として感じやすくなってしまいます。赤くなりやすい人もいますし、もし気になる場合はデリケートゾーン以外の脱毛を行うかどうか、担当スタッフとよく話し合って決めて下さい。同じくホルモンバランスが乱れる妊娠中や授乳期間は、脱毛をしない方針のサロンがほとんどです。しかし、このような時の為に休会システムなどが用意されているので落ち着いてから再開しましょう。

気になる部分を脱毛することで、コンプレックスを解消することができます。そのため、堂々と振舞うことができるようになります。